睡眠や眠りに関するアンケートモニターについての説明

睡眠に関わるアンケートで分かることとは?

睡眠に関わるアンケートで分かることとは?

睡眠に関するアンケート結果で分かることはいくつかあります。まず平均でどれだけの睡眠時間をとっているのか、そしてどれだけの人が普段の睡眠時間に満足がいっているのかという点です。

また、年代別や男女別でも調査結果がとられており、年代によって満足できる時間に違いがあったりするので、自分の年代だとだいたいどれくらいの睡眠をとれば多くの人が満足するのかというおおよその目安がわかるようになってきます。

満足のいっていない人の内容も調査によってどういった事が原因となっているのかを知る事が出来ますし、朝自然と起きられるかなどの項目もあります。

こういった結果は、生活習慣の実態調査、寝具の開発などさまざまな分野で活用されます。

自己の睡眠時間に満足している人は少ない?

自己の睡眠時間に満足している人は少ない?

現代では時間に追われている人が多く、特に日本人は平均的な睡眠時間が短いことで世界的に有名です。

このことで勤勉とか働き者などの印象が持たれる一方、様々な問題点やトラブルの原因にもなっています。

それは自分自身でも理解していることで、自分の睡眠時間に満足している人は少ないといえます。

睡眠時間を確保することは非常に重要であるということは分かっていても、やるべきことが多くて満足に睡眠時間を確保できない人は多いです。

その結果、逆にパフォーマンスが低下したり、鬱などの病気を招いたりと様々なトラブルを引き起こしてしまっています。

これらを解決するために自分の睡眠時間に満足していないと自覚することは非常に重要であり、今後はそれを実際に睡眠に当てられるようにすることが課題になるといえるでしょう。

普段使っている寝具に満足している人は少ない?

普段使っている寝具に満足している人は少ない?

睡眠は明日への活力を養うために大変重要なのですが、敷布団やマットレスの硬さ、柔らかさが合わなくて、朝に腰が痛くなったり、枕の高さや通気性に問題があって肩こりや蒸れを感じることがあります。

掛け布団も重さに違和感を感じたり、ベッドの方はその高さや広さにも睡眠の質は左右されます。このように寝具に満足できている人は意外というか結構少ないのかもしれません。

自分に合った寝具を選ぶ機会があれば、眠りの質が変わり、疲れを翌朝に残さずに済む可能性があります。

そしてまた、たとえ良いものであっても寝ていないときは風を通す、日に当てる、乾燥機を使って湿気を逃がすなどの工夫も質の良い眠りには重要なことになります。一度ご自分の寝具について考えてみましょう。